2022年認定講師1期生募集説明会☆人と人のご縁で、お役に立てる志事へ

住む人の気持ちを考えて
空室を満室経営へ導く
一般社団法人空室対策協会
代表理事山岸加奈です。

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

 

2021年5月に
協会を設立して

あっという間に
過ぎた8ヶ月。

 

 

私独りは本当に
ポンコツ人間かもしれないw

私ひとりの力は
本当に小さいです。

だけれども

ひとりひとりの力を
取り合わせていけば、
大きな力となり、

誰かのお役に立てること

そんな幸せを
感じれたら・・・
嬉しいです!!!

 

人に喜ばれる
志を持って
感謝という対価
をいただけると

お金に愛されると
なおよし〜♪


自らも経済的に
金銭的にも
しっかり自立できること

大切ですよね。

さらに
自分の周りの方々も
空室対策協会のメンバーさんも
WinWinな関係構築となり

シナジー効果を創出できる
コミュニティや
専門家集団になっていくこと

そう未来を描いています。

 

 

2022年の協会テーマは、

不動産利活用を通して、
空き家再生プロジェクを通して、

お役に立てる志事で
喜ばれること

それが
社会貢献へつながること

スクリーンショット 2021-12-21 16.39.03.png

 

 

 

 

2021年
いままで本当に
支えてくださる皆様、
ありがとうございます。



参加されたメンバー皆さん
サポート講師メンバー
本当にありがとうございます。

たくさんの人たちに
支えて頂きながら
私も応援し合える
仲間と一緒に

 

 

今までこれからも
チャレンジしていこう〜!!!

 

感謝!感謝です!

 

 



これからも
暖かく見守りのほど
どうぞよろしくお願い致します。

 

 

これからも

多くの人たちに

不動産に関する知識や経験、
失敗談、空室対策のメソッド
を伝えていきます。

集合知
ってすごいんですよね。

 

 

 

 
私本人の過去の大失敗
『万人受けお部屋づくり』
空室のままが6ヶ月続いた時、
『もしかして
私はこの先もずっと
空室の不安と戦うのか?』
空室の苦しみ時
 
いろいろ努力を重ねた時、
今につながります。

 

イタリアで大学で
学んだ経験も・・・

時間通りに進まない
イタリア在住時も・・・

空室で困った時

不動産経営の著書を
100冊以上読み尽くし
著書にある空室対策は

できること、やれること、

 

全て実践した時も

今の集合知の根っこに
つながりますよね。

 

幼少期から
失敗は成功のもとだ
と信じていた私

 

新米大家さん
だった私、

 

継続は力なり
と思った私、

今に本当に
全てつながります。

素晴らしいぐらいに

 

いろんな方々に
助けられ

応援され
励まされ

熱い想いがあれば
ここまでできた!

自分の当たり前を変え

変化成長できたこと
本当に感謝です。

 

 
空室対策だって
楽しくワクワクできる

と想い続けます。

いまでは
空室対策協会で

 

空室対策だって

楽しくワクワクできる

が、
当たり前になってます。

 

 

 
空室に入居者が決まった時
大家さんの笑顔が好きです。

 

 

過去の私と同じ

辛い思いになって
ほしくありません。

 

楽しくわくわくに
変わってほしいのです。

 

 

埋まらない空室はない。
 
不動産経営は
儲かるばかりを
考えるのではなく

住まいを
提供できる者として
大家の意識を持つこと。

 

 

入居者から頂く家賃は
提供価値に対する対価。
 
空室対策は社会貢献。
ノブレスオブリージュ。

2022年の協会テーマは、

不動産利活用を通して、
空き家再生プロジェクを通して、

お役に立てる志事で
喜ばれること

それが
社会貢献へつながること

スクリーンショット 2021-12-21 16.39.03.png

 

 

 


これからも
チャレンジし続けていきます!

 

正しい正解を
求める必要ない!


自分の軸や価値を
アウトプット
すること
が大切なんですね!


人と人のご縁で
繋がること

この集合知がどんどん
厚みを持っていくのです!

とても素敵ですよね!

 

 

お待たせしました!!!

2022年認定講師
1期生募集説明会は、
12月末に開催します。

 

12月26日(日)10時〜11時半
12月26日(日)21時〜21時半
12月27日(月)21時〜21時半
12月28日(火)21時〜21時半
12月29日(水)21時〜21時半

 

明日12時より、
ご案内していきます。

 


また
明日のメルマガでは

空室対策協会の
2022年の未来から
3年後の未来予想図、
認定講師の可能性、

など書きますね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次